所沢の音楽情報・タウン情報 ptoko(ピートコ).JP

Share |
  • ptokoについて
  • お問い合わせ

トップページ>

この人

この人

藤本忍1の1.jpg

ジャズトランペット奏者  藤本 忍 さん  (その1)

若くしてデビューし、そうそうたるミュージシャンと共演してきた藤本忍さん。奏者としての顔と同時にまた、音楽界を盛り上げよう、ことに所沢の音楽の活性化を図ろうと尽力されている。その熱い思いをお聞きした。── byゴマッジョ(Photo : kenji Kuramoto)

藤本忍1の2.jpg

≫≫ 陳列室のトランペットに魅せられて ≪≪

ゴマッジョ(以下、ゴマ) トランペットは小さい頃から吹いておられたそうですが、そのきっかけは?

藤本 トランペットとの出会いは小学生のときになるんです。5年のときに学校の鼓笛隊に入ったんです。
 
ゴマ ご出身は愛媛ですね。

藤本 ええ、愛媛県の今治市です。
 学校の音楽室の陳列室に、ちょっとへこんだトランペットが飾ってあったんです。陳列室には鍵がかかっていて、だれも吹かない。それを見てどうしても吹きたくなって、先生に「お願いします」って頼んだんです。

ゴマ 鼓笛隊ではトランペットはパートにないんですか?

藤本 ないですね。太鼓とファイフ(横笛)とリコーダー、ハーモニカ、鉄琴、アコーディオンといったパートです。
 それで、先生に鍵を開けてもらって吹いてみたら、なんでか音が出たんです。

ゴマ トランペットはなかなか音が出ないとか。尺八も難しいと言いますが。

藤本 出ないです。尺八なんてもんじゃないです。管楽器の中で一番音が出にくい。本当の音が出るには10年かかると言われています。
 で、先生に「トランペットをやってもいいか」と訊いて、「いいよ」と言われたので、合同の練習のあとにいつもトランペットを借りて練習しました。

ゴマ まったくの独学ですか?

藤本 いや、もちろんドレミファなどは先生に教えてもらって。あとは自己流で、とにかく吹きまくっていました。
 少しずつ音が出るようになって、鼓笛隊の中で一人だけトランペットを吹いていて、6年生になってやっとそれらしくなってきた。それでますます好きになっていきましたね。

ゴマ 以来、ずっとトランペット一筋? 中学校では?

藤本 中学校ではブラスバンドに入って、ずっとトランペット。その頃はまだ、プロになるなんてまったく考えてなかったですけどね。

ゴマ 高校もやはり?

藤本 高校でもブラスバンドに入って、トランペット。
 じつはエピソードがあるんですよ。
 私の従兄弟で、だいぶ歳が離れているんですが、その人がドラムをやってたんです。そしてキャバレーに出ていたんです。そのドラムが妙にカッコよくて、いっしょにやりたくなった。
 それで、「ブラスバンドでトランペットを吹いてるから、いっしょにやってみたい」って言ったんです。すると、「じゃー、遊びに来い」って言われて、夜にキャバレーに出かけたんです。

ゴマ 高校生の行くようなところじゃないですね。

藤本 そのころは、キャバレーでやる曲なんか吹けなかったんですが、「1曲でも2曲でも吹けるようになったら、吹かせてやる」と言われて、そのうちにステージに上がるようになって、毎週のように通うようになった。

ゴマ どうやら早熟の気配がありますね。

藤本 ところがある晩、そのキャバレーに担任の先生が飲みに来ていたらしいんです。それで次の日に呼ばれて、「お前、昨日あそこでトランペット吹いていただろう」って。
「えー…!」っていうことですよ(笑い)。
 で、「もうあんなとこ行っちゃ駄目だ」と言われて、「まだ行くか? 学校やめるか?」と威されました。

ゴマ キャバレーではどのくらいやってたんですか?

藤本 半年くらいやってましたね。週に1~2回。好きなものだから。お金はもらえなかったですけど。

ゴマ バイトというわけじゃなかったんですか。まかないは?

藤本 まかないは……、つきましたね(笑い)。
 ウチの親も先生に呼ばれて、キャバレーに行けなくなって……。それがきっかけで、だんだん東京に出たいと思うようになった。

ゴマ キャバレーの経験で?

藤本 そうです。
 それで、19のときに、だれも知り合いのいない東京に出てきました。トランペットを持って、家内と二人で。

ゴマ そのころはもう結婚されてたんですか?

藤本 結婚というか駆け落ちですね。家内のお父さんが大学の先生をやっていて、厳しくて…。

ゴマ やっぱり早熟だあー(笑い)。

藤本忍1の3.jpg

≫≫ 内外の有名なミュージシャンと共演 ≪≪

ゴマ 未知の東京に出てこられて、どういうスタートを切られたんですか?

藤本 いきなりキャバレーに入りました。だれも知らないし、ほかに思いつかなかったですね。ボーヤみたいなことをしたり、なんとかやっていた。

ゴマ やはり最初は苦労をされて?

藤本 そのころはホント、苦労しましたね。必死でしたよ。
 朝から晩までトランペット。近くにあった護国寺の墓地に行って、歩きながら吹いたりしていた。そしたら、墓参りに来たオバサンに、「うるさいわよ!」って叱られたり(笑い)。
 トランペットは3時間吹くと唇が駄目になってくる。で、3時間練習して、夜はキャバレーに行って吹く。雨が降ろうが、雪が降ろうが。毎日がそんな感じでしたね。それが原点ですね。

ゴマ しかし、若いうちから活躍されるようになった。

藤本 恵まれたことに、22のときにデビューできたんです。キャバレーには、有名な人たちが遊びにくるんですよ。バンドマスターとか。
 それで、「日本のコルトレーン」と言われるサックス奏者の稲垣次郎さんと出会い、稲垣さんのバンドで吹くようになりました。デビューした当時、スイングジャーナルで「日野皓正ジュニア」と紹介されたりしました。

ゴマ それからは、日本一のビッグバンド「原信夫とシャープ&フラット」や「高橋達也と東京ユニオン」、「宮間利之ニューハードオーケストラ」などで大活躍をされてますね。
 テレビにもドンドン出るようになった。

藤本 テレビの仕事も多かったですね。TBSのザ・ドリフターズの「8時だョ!全員集合」や久米宏の「ザ・ベストテン」、日テレの萩本欽一の「スター誕生!」などでバック・バンドをやりました。
「8時だョ!…」の人気コーナーの加藤茶の「ちょっとだけよ」の「タブー」も吹きましたね。あれは渋谷公会堂でやったんですけど。

ゴマ 日本のジャズ界のトップミュージシャンである、ピアノの山下洋輔さん、トランペットの日野皓正さん、サックスの坂田明さん、ギターの渡辺香津美さんなどそうそうたる人たちと共演されてますね。
 また、アメリカの有名なジャズ・ミュージシャンとも共演されてますが、一番印象に残っている人はどの方ですか?

藤本 今でもよく思い出すのは、ハービー・ハンコックですね。

ゴマ ジャズ・ピアノの神さまと呼ばれる人ですね。いつごろどこで共演されたんですか?

藤本 もう30年くらい前ですね。名古屋の愛知県体育館でやりました(右上写真)。
 イヤーもう、このときはシビレましたね。鳥肌が立って、思わず失禁しそうになりましたよ(笑い)。

ゴマ グラミー賞のジャズ部門とクラシック部門を同時受賞している、ウィントン・マルサリスとも共演されてますね。

藤本 マルサリスとは、ピット・インが新宿の厚生年金会館で30周年記念コンサートをやったときに共演しました。10数年前ですね。その厚生年金会館も2年前に閉じてしまいましたね。

ゴマ トランペット奏者として華々しい活躍をされてきたわけですが、後半は地元での活動などを含めてお話をお聞きしたいと思います。(2012.3.15取材)