所沢の音楽情報・タウン情報 ptoko(ピートコ).JP

Share |
  • ptokoについて
  • お問い合わせ

トップページ>

この人

この人

藤本忍2.の1.jpg

ジャズトランペット奏者  藤本 忍 さん  (その2)

音楽は人生そのもの。音楽を通して街を盛り上げたい。そのためにみんなの中に飛び込んで、教えつつ学ぶ。藤本さんの真骨頂はこれから発揮されるだろう。── byゴマッジョ(Photo : kenji Kuramoto)

藤本忍2の2.jpg

≫≫ ジャズの街にと、所沢に引っ越した ≪≪

ゴマ 高校生でのキャバレー出演がきっかけで東京に出てきて、まずキャバレーから音楽の世界に入られた。いまの若い人にはキャバレーはピンとこないでしょうが、どういう曲をやってたんですか? ジャズですか。

藤本 ジャズもあるし、ラテンもあるし、お客さんの好きな歌謡曲も…。
 
ゴマ 歌謡曲ですか!?(笑い)

藤本 歌手も出るわけですよ、その当時は。ショータイムがあるから。ストリップのダンサーが踊ったり。島倉千代子が歌ったり。

ゴマ 島倉千代子とトランペットは…?

藤本 合わない(笑い)。

ゴマ ジャズにのめりこんでいったのは?

藤本 ボクがデビューする道を作ってくれた稲垣次郎さんと一緒にやるようになってからですね。そして、シャープ&フラトに入ってすごいプロたちとやっているうちにどんどんジャズに病みつきになっていきましたね。

ゴマ 「ジャズは難しい」なんて言う人がいますが。

藤本 難しいと言われるけど、実際やってみるとそうじゃないんですよ。

ゴマ そうなんですか。ジャズ理論がどうとか…。

藤本 いやいや、理論はあとからついてくるもんであって、まずやることです。
 フォービートひとつしかないんですよ。速いか遅いかだけで、リズムを切ってるだけだから、カンタンですよ。
 もちろん、プレーヤーにもよりますけどね。ただうまければいいというもんじゃない。へたな中にも、「なんかこの人は…、くるなー」という。それがやっぱりジャズ、ハートですよね。

ゴマ また聴きたいなーと思わせるものが…。ある意味、アメリカの演歌のような心に響くものがある

藤本 そーそー、ジャズを聴いてるだけで、意味がわからなくても、ゾクゾクしてきますからね。
 私がやってる音楽教室に、ロックのドラマーをやってる若い人が来たんですが、「こんなにジャズって楽しいんですかっ!」って言うんですよ。知らないだけで、やりだすとはまってしまう。

ゴマ 音楽教室もそうですが、トランペット奏者であるとともに、有名なラテンバンドの「有馬徹とノーチェ・クバーナ」のあとを引き継いだり、地元所沢の音楽のために幅広い活動をされていますね。

藤本 ここに来る前は清瀬に住んでいたんですが、所沢とは縁があるんですね。もう10数年前になりますが、「所沢のジャズを盛り上げたい」という知り合いがいて、その人たちと一緒に『所沢ジャズクラブ』を立ち上げたんです。
 その応援で、ジャズ音楽を通じて所沢の活性化の役に立ちたいと、翌年から「ジャズ・スーパーセッション」を開催しました。

ゴマ 会場はどこですか?

藤本 ミューズのマーキーホールです。
 日本の一流の奏者をはじめ、海外からも有名なミュージシャンも招いて、所沢の名物的なイベントになりました。2006年に第10回のセッションをやって、いまはちょっと休止しています。
 所沢でいろいろ活動させてもらった。じゃー、所沢に腰を下ろして、振興のために役立ちたいと、10年前に引越してきました。

藤本忍2の3.jpg

≫≫ 教えること、学ぶこと ≪≪

ゴマ 社会人のビッグバンドの指導もされていますね。

藤本 「ビックフェロー・ジャズオーケストラ」ですね。これも10年以上になります。地域の人たちみんなで音楽を楽しみたいと始めました。

ゴマ オーディションのようなことはするんですか?

藤本 いや、楽器もってくればだれでも参加できます。すぐに吹けないんだったら、座っているだけでいい。その中で楽しい雰囲気を味わってもらえればいいからと…。
 そうすると、自分ももっと頑張ろうとなるじゃないですか。できるできないはまったく関係ないですよ。

ゴマ やりたい人が来ればいいと。

藤本 そー、そういうことです。そこが社会人バンドのいいところです。お金とってやってるわけじゃないから。
 そりゃー、プロのバンドだったら厳しいですよ。ミスったら、次の仕事はないですから。ボクは経営者ですから、「次回、アンタもういいよ」と。アマチュアとはまったく世界が違います。
 でも、社会人バンドの中に入っていくことによって、逆にボクが学ばせてもらうこと、そこでしか得られないものがありますね。

ゴマ ボランティアって、そういうものですよね。私も20年くらい少年サッカーのコーチをしていましたが、いろいろ教わることがありますね。

藤本 そーそー、教え方もね。あっ、この人にはこう教えたほうがよかったんだなー、この人はこうすれば身につくんだなー、とか、人によって性格が違いますから、同じようには接するわけにはいかない。

ゴマ 叱り方も難しいですね。

藤本 そー。厳しくしたほうがいい人と、持ち上げたらうまくなる人とか、いろんな人がいますから。勉強になりますよ。

ゴマ バンドでは指揮をされていますが、教えるのはトランペットですか。

藤本 社会人の中では、アンサンブルに関しては楽器は全部教えますよ。
 一応、サックスも吹くし、フルートも吹く。曲がりなりにも自分がやっていないとね。

ゴマ 基本的なことは理解しておかないと…。

藤本 そー、一応はピアノも弾くし、ベースもやる。ヴォーカルだって。
 しかし、人前で聴かせるのはトランペットだけ(笑い)。

ゴマ お金をとってやるのはね(笑い)。
 音楽教室で教えるときに難しいのはどういうことですか?

藤本 うーーん、その人が壁にぶつかったときですね。なかなか、思ったようにうまくならなくて、ヤメようかなーというときがある。それをいかにヤル気を起こさせて…。

ゴマ いかに継続させてゆくか。

藤本 それが一番です。そういう中で生徒さんに教えられることもあるし、社会人バンドと同じように、本当に勉強ですよね。
 それで、発表会やコンサートをやってうまくいったとき、すごく喜んでいる表情を見たら、「やっぱり、やっててよかったんだなー」と。

ゴマ 一緒に、達成感を味わえるのは素晴らしいですね。

藤本 みんなから拍手をもらって、「あー、やっぱりトランペットをやっててよかった」と言ってくれる。それが一番うれしい。
 そして、「練習はウソをつかない、努力は報われる」ということを肌で感じてもらえれば、それが最高です。
 いつも生徒に言っていることだし、ボクの人生観でもあるし。

ゴマ 話が後戻りするようですが、小学5年生から始めたトランペットの魅力はなんですか?

藤本 たまたま陳列室で見つけたのがトランペット。その姿がとてもかっこよく見えたんですね。
 単純な動機だけど、トランペットはやっぱり華やかで、一番目立つ。それがすごく気に入った。難しいけれど…。
 やりだしたら、最初はなかなか音が出なくて。

ゴマ 難しいほど、やりがいがあるとも言えますね。簡単だったら飽きていたかもしれない。
 トランペット奏者として、挫折とか壁のようなものはありましたか?

藤本 壁と言えるかどうかわかりませんが、ボクは今までに3回、奏法を変えているんです。
 最初は独学だったけれど、プロの中に入って一流の人たちにもまれているうちに、「これじゃダメだ」と思うようになった。
 それで、奏法を変えてみたけども、なかなかうまくいかない。先輩からも、「こういうふうに変えてみろ」と言われてやってみたけど、それがまた間違っていたりする。

ゴマ 3回も変えたんですか。
 個人的な話になりますが、私はサッチモ(ルイ・アームストロング)の歌がうたいたくて、数年前からジャズ・ヴォーカルをかじるようになったんです。サッチモは歌はワンクールだけで、あとはトランペットを吹いてる。

藤本 ボクもあの感じがいいなーと思ってサッチモのマネをしたことがありましたね。独特の音を出して、歌のハートとともに素晴らしい世界がある。
 だけど、決して良い奏法じゃないんですね。サッチモも苦しそうでしょう。
 本当は、高い音を出すときに、「高くないよー」と聴かせるように吹かないといけない。ストーンと抜けたやわらかい音を出すのが良い奏法です。
 3度目の正直でやっとそれを身につけることができた。若いときにこれがわかってればなーと、悔しい思いをする。

ゴマ ただ、いろいろ試行錯誤し、苦労したから今があるんでしょうね。

藤本 先ほど、いい音が出るようになるには10年かかると言いましたが、それは前の話です。良い奏法でやれば、1~2年でバリバリ吹けるようになりますよ。
 どうです、やってみますか?(笑い)

ゴマ 私が、「なんか楽器をしようかなー」と言ったら、ある人から、「トロンボーンが似合う」と言われました。みんなも「そうだね」と。

藤本 いや、その唇はトランペット向きですね(笑い)。トロンボーンはマウスピースが大きいから、もっと唇が厚くないと。

ゴマ じゃあ、やってみるかな(笑い)。
 先日、「街造(まちぞう)」のヒゲジイの三上さんのところで、藤本さんのCDを聴いて驚いたんです。
「えっ! トランペットでこんな音が出るの!?」って。実にやわらかい、今までのトランペットとイメージがまったく違っていました。
 あるジャズ・ライブで同じような経験をしました。年配のピアニストでした。若い人は力強いタッチで弾くでしょう。しかし、その人のピアノを聴いて、「えっ! こんな枯れた音を出すの」って、ビックリしました。

藤本 やっぱり、ジャズは年配の人にはかなわないですよ。
 テクニックじゃないんですよ、音楽は。ハートのある人。そのハートはどう培われるかというと、長年の積み重ね、音楽だけじゃなく、人生のいろんな苦労をして、それが音楽に出ると思うんでよ。それが人に伝わる。

ゴマ 藤本さんも円熟の期を迎えつつありますが、奏者であるとともに、音楽界を引っ張っていっていただきたいですね。そして街づくりにも。

藤本 ボクはジャズだけじゃなく、音楽が好きなんですよ。
 いい音楽が聴ける環境、だれでも音楽に参加できる環境を作って、みんなに笑顔で楽しんでもらいたい。そして、そのためにいろんな人たちと協力し合って、街を盛り上げてゆきたい。そのためにも所沢に来たんです。
 ボクの力が必要であれば、どんどん使ってもらいたいと思っています。

ゴマ 私たちも、少しでもお役に立てればと思っています。本日はありがとうございました。(2012.3.15取材)