所沢の音楽情報・タウン情報 ptoko(ピートコ).JP

Share |
  • ptokoについて
  • お問い合わせ

音楽と私 Backnumber

「私の音楽履歴書」(第3回) 阿部美穂 さん
「私の音楽履歴書」(第2回) 阿部美穂 さん
「私の音楽履歴書」(第1回) 阿部美穂 さん
シャンソンの魅力にふれて  田辺慶一 さん
「アメリカンミュージックとともに」  ロイ 田沢 さん
「アロハに惚れて」  中野 彰 さん
演歌「夜空」からクラシックまで(その3)  坂井 誠 さん
演歌「夜空」からクラシックまで(その2)  坂井 誠 さん
演歌「夜空」からクラシックまで(その1)  坂井 誠 さん
「我が青春のビートルズ!」  峯岸雅広 さん
「ロックとの出会いと作曲」  吉乃黄櫻 さん
「オカリナの町ところざわ」を夢見て10年!  岡本詔一郎 さん
「クラシック」と「パッヘルベルのカノン」 中川 竜 さん
一本の電話とレクイエム  泉山 康 さん
「航空公園ジャズバンドの夢」 原宿眞智寿 さん
“ラヂヲ”から始まった音楽放浪記(第二部) 山田一雄 さん
“ラヂヲ”から始まった音楽放浪記(第一部) 山田一雄 さん
「津軽三味線を生涯の友に」  畑中裕生 さん
「雨の日のビル・エヴァンス…」  須藤麻季 さん
「ブラームスと間奏曲」  中川奈緒美 さん
『とこぴあ』と私の還暦ピアノビギナー練習法        大勝こうじろう さん
「シャンソンとの出会い」  中條 進 さん

トップページ>

私と音楽

音楽と私

山田.jpg

“ラヂヲ”から始まった音楽放浪記(第三部) 山田一雄 さん

【 山田一雄(やまだかずお)さんのコメント】
私は団塊世代の一期生である。東京都大田区から所沢市に移住して10年近くになる。
子供のころから種々の楽器で遊んでいた。
少しは先生について習ったが、殆ど自己流である。
ギターは長く触っている。
いま、多少の楽器が手元にあるが、時々磨いている程度である。
(写真上:サラリーマン時代 出勤前に朝から1曲練習)

3の左の新.jpg

♪♪ アメリカでジャズ三昧 ♪♪

 就職しても音楽に未練があり、恵比寿駅前の一番大きなビルの中にあったヤマハのジャズギターコースに入った。仕事が忙しくなり、途中でやめてしまった。
 講師は中牟礼貞則先生であった。先生は渡辺貞夫さんのバンドで土曜日か日曜日の昼頃テレビでボサノバのギターを弾いていたし、ジャズでも有名であった。現在、先生は80才を越えて現役でご活躍されているようである。

 その後、出張先のサンフランシスコ周辺とボストン周辺でジャズのSPレコードや暗箱型(昔の写真機風)の蓄音機、モトローラ製の真空管式ポータブルラジオを数台購入した。デザインが素敵である。購入した電気式メトロノームは面白い。 

 サンフランシスコ対岸、オークランドにヨシのバー(Yoshi’s Bar経営者の名前はヨシさん)があって、寿司をつまみ、日本酒を飲みながらジャズが聴ける場所であった。出張時にはジミー・スミス、ジョン・スコフィールド、ナット・アダレーなどの有名プレーヤの演奏を聴いた。
 1989年11月1日から5日まで大物歌手サラ・ヴォーンが出演する予定であったが、病に倒れキャンセルとなった。その時のプログラムにヨシが急遽コピーした上に張り紙をして修正したプログラムが手元に残っている。

 残念ながら彼女は1990年4月3日に他界した。後にヨシズ・バーはオークランド、ベイ沿いのジャックロンドン・スクエアに移転した。一度その店に行ったが、洗練された良い店になっていた。
 
 1993年2月にマイレージを利用してジャズを聞きにニューヨークへ行った。当時42番街の近くの脇道にドンテル・ママがあり、隣にレッド・ブレーザー・ツー(Red Blazer, Tooと記憶している)というジャズ・ライブシアターがあって、そこでは30年代のジャズスタイルのバンドが入っていた。歌手はマイクを使わず大きなメガホンを持って歌っていた。歌声がSPレコードのようで妙に楽しかった。
 
 帰国する2月26日昼頃、ニューヨークで大事件が起きた。世界貿易センター・ツインタワーの地下駐車場で反米テロリストによる爆発があった。帰国してから煤で真っ黒になった被害者をテレビで見た。
 その後、2001年9月11日にアルカイダによるハイジャック機2機が世界貿易センタービルに次々に自爆攻撃をしたことは誰でも知っている。
 2月18日に自由の女神のあるリバティ島で撮ってもらった写真には世界貿易センタービルのツインタワーが写っている。同じグレーハウンド(バス)に同乗したご夫婦と若くて綺麗な女性と一緒にツアーを満喫した。

3の右.jpg

♪♪ 楽しみな国内のジャズ喫茶巡り ♪♪

映画と音楽:
 少し古くなるが、ジャズ系の映画で見応えのあったのはデクスター・ゴードン主演、ハービー・ハンコックが アカデミー作曲賞を受賞したラウンド・ミッドナイトと、クリント・イーストウッドが監督したバードだと思う。バードとはチャーリー・パーカーのあだ名である。映画の中でバードが念願のストリングスをバックに涙を流しながら演奏している。
 ショーン・ペン主演、ウディー・アレンが監督したギター弾きの恋はジャンゴ・ラインハルトの次に上手いギターリストの話であり、切ない映画である。ウディー・アレンは変わった映画を作っている監督で有名である。ジャズクラリネット奏者としても有名である。

出張と音楽:
 国内でも出張の際は、各地のジャズ喫茶を巡りたい。一回しか行けない所が殆どであるが、気に入って数回行った所もある。
 一つだけ紹介したいジャズ喫茶は 名本“おれたちのジャズ狂青春期・ジャズ喫茶誕生物語”に載っている山形のオクテットである。私は普通の客であるが、マスターの相沢さんがいつもにこやかに相手をしてくれて、幸せな気持ちになる。よって、帰りの新幹線を一本遅らされることになる。
 最近は残念ながら、出張がない。地元の新所沢にも、その名本に載っている名店スワンがある。
    
 金沢も好きな町の一つである。やはり出張の時に時間を作って行きたい店が“穆然”(ぼくねん)である。この店のオーディオは凄い。カウンターの前にJBLの巨大なスピーカが鎮座している。音は良くチューニングされていて大音量でも全く耳障りではない。また金沢には好きな金沢蓄音器館がある。

近頃と音楽:
 毎月、丸の内のキッテ2階にある東京大学総合博物館の蓄音機音楽会に足を運んでいる。湯瀬哲氏の5千点にのぼるSPレコードをヴィクトローラ社のカナダ製名器クレデンザで聞かせてくれると共に、同時に大澤氏のすばらしい解説を聞くことができる。

 4月25日、6回目のコンサート、JATPのビバップのライブ盤はとてもすばらしく、特にチャーリー・パーカーの演奏は圧巻であった。
 5月23日、7回目のコンサート、ビリー・ホリデーの特集では、テディ・ウイルソンのピアノ、レスター・ヤングのテナーの音は私の蓄音機とは比較にならない位、素晴らしい音色であった。2番目に演奏されたサマータイム、6番目のジョージア・オン・マイ・マインドは天才レディ・デイ(ビリー・ホリデイ)の傑作だと思う。自然に涙が滲んできた。
 SPレコードはノイズも多いし、周波数特性も悪いが、それらを補正して音楽として取り込む人間の耳(脳)は凄いと思う。   

 コンサートの後はジャズの余韻を引きずり、飲みながら同好の士と四方山話に花を咲かせるのである。

注:写真と被写体は全て本人が所有している物です。